薄氷博士の人事ファイル
Dr.usurai.jpg

薄氷博士の近影。写真からは確認できないが、中央の椅子周辺を漂っている。

名前: 薄氷うすらい 景見かげみ

セキリュティレベル: 2

職務: 霊的オブジェクトの研究、およびそれらに対する効果的な収容設備の開発

所在: サイト-81██

人物: 薄氷博士は19██/05/26生、熊本県██市出身、身長0cm、体重0kgの(おそらく)男性です。財団就職以前から霊的実体について個人的な研究を行っており、単独でSCP-███-JPの一時的な無力化に成功したことがきっかけで財団に雇用されました。彼はこれまでにSCP-███-JPの収容種順の確立、U-01霊的実体追跡装置1の開発、[編集済]、サイト管理者から下された██度に渡る懲罰などの功績を残しています。

薄氷博士は19██/██/██に発生したSCP-███-JP収容違反の際に肉体的に死亡しましたが、オブジェクトの影響によりクラスⅡ霊的実体としてしぶとくも蘇りました。これにより彼は一時的にSCP-███-JP-Aとして収容されていましたが、特に注目に値する特異性がないと判断されたことから財団職員として再雇用されました。薄氷博士は霊的実体であるため物理的な作用を受けつけませんが、ある程度の重さのものを不明な原理によって“持ち上げる”ことができます2。ただし発声能力はないため、コミュニケーションのために常にホワイトボードとペンを持ち歩いています。

ようするに、サイト-81██の“浮かぶホワイトボードの怪”の正体は彼だということです。最初は面食らうかもしれませんが、いずれ慣れますよ。- エージェント・███

また薄氷博士の所在地は常にU-01霊的実体追跡装置によって監視されており、万一彼が機密区画、女性用トイレ、女性更衣室などの侵入が許可されていないエリアに立ち入った場合は厳重な処罰が下されます。

私にプライバシーはないんですかね? - 薄氷博士
 ―ああ?ないよそんなもん。 - ██博士

薄氷博士は護符や魔除けなどのオカルト物品の収集を趣味としており、そのため彼のオフィスには物流部門から得たそれらの物品が所狭しと並べられています。しかし、護符や魔除けが薄氷博士を成仏させる気配はありません。彼の性格は非常に厄介で腹立たしいお茶目であると評され、職員の反応を楽しむためにしばしば“ポルターガイスト現象”3を引き起こします。大抵の場合それらは悪戯程度のものに留まりますが、あまりに度が過ぎる場合はサイト管理者に報告してください。処罰します。

また、自殺を決意するほど深く思い悩んでいる人員がいる場合、薄氷博士はそれを目敏く見つけては早く自殺するよう説得し、道連れにしようと試みます。しかしながら、これらの人員すべてが彼との接触後に自殺を思いとどまり、より前向きな思考を行うようになったことが確認されています。当初これは薄氷博士の特異性によるものだと考えられていましたが、検証の結果単に彼の交渉能力が絶望的なまでに低いからに過ぎないと断定されました。

死んでまであんなダメ人間になるくらいなら、せめて精一杯生きてやろうと思ったんです。 - ███研究員

死ぬというのも案外悪い物ではありませんよ?あなたも早く肉体なんか捨てて、自由な霊的世界へ飛び立ちましょう! - 薄氷博士

同僚の評価:
あのクソ幽霊をぶん殴れる装備を支給してはもらえませんか? - ██研究員

はっきり言っておくが、今度新人用の宿舎で“ポルターガイストごっこ”なんてやらかしてみろ。必ず収容室に放り込んでやるからな。 - ██博士

今朝廊下で転んだんですが、あなたの仕業ですよね?私の足首を掴んだでしょう? - エージェント・██
 ―妙な言いがかりは止してください。私じゃありませんよ! - 薄氷博士

薄氷博士が何か問題行動を起こした場合、直ちに報告してください。実はnPDNに1機空きがあるのですよ。 - ███博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。