環境へのSCP-PL-024の影響
rating: 0+x

01/18/████
注記 補遺の対象:
SCP-PL-024
研究実施者(資格の名前とレベル): ██████████博士、レベル3クリアランス


注記 補遺:
私は、オブジェクトの異常行動が、異常な形で環境に影響を与えることに着目したい。これは記録間違いなどではなく、確かにSCP-PL-024のスピードはしばしば100km/hを超え、約0.088秒以内にこの速度まで達している。もうひとつの異常な影響は、オブジェクトの観測者への反応、より具体的には反応の欠如である。オブジェクトは、市街地(高速道路に最も近い)、通行人、動物(牛ほどの大きさのものでも)、車などの存在する場所で「加速」しますが、第三者からの意見、言葉、脅迫に反応しません。比較は難しいことですが、SCP-PL-024はしばしば幽霊であるかのように扱われます。
このような状況で、財団の職員が彼を観察する可能性を憂慮し、熟考しています。大胆な仮説となりますが、もしオブジェクトが時間を操作する能力を有しているとすれば、限られた範囲であっても様々な要因が組み合わさり、研究者全員が未知の状況に陥る可能性があります。
そのような仮説が成り立つにもかかわらず、依然SCP-PL-024は厳格な24時間監視下に置かなくてはなりません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。