わ-V-1260 "ドネーションブラッドタブレット"販売カタログ
rating: +55+x
blank.png

血液足りてますか?

jozai.jpg

ドネーションブラッドタブレット

品番 型番 個数 価格
わ-V-1260 V01-α 10錠 ¥ 10,000~
わ-V-1260 V01-β 180錠 ¥ 150,000~

※NPO法人の出資により大変お求めやすい金額となっております。

特徴

  • 痛みを伴わずに安全に血液を採取できます。
  • 血液に異常がある人物から採取した場合であっても健康的な血液に置換されます。
  • 1錠で恒久的な効果をお約束します。
  • 粉剤、液剤にも対応可能です。

仕様

  • 服用すると定期的に膜で包んだ血液を口から吐き出すようになります。
  • 吐き出された血液はそのまま輸血等にご利用いただけます。
  • 健康な人が服薬した場合、健康被害は一切発生しません。
  • 用法用量を厳守してください。

説明書: わ-V-1260 "ドネーションブラッドタブレット"は2000年にNPO法人による出資を受け、当研究所が開発した特殊な効果を持つ錠剤です。

わ-V-1260の摂取後、健康の維持に必要な血液より余剰の血液が存在していると脳が判断すると、胃内部にて胃液の代わりに血液が分泌されるようになります。分泌される血液は不純物がなく健康的なものとなります。血液が一定量胃内部に蓄積すると胃は分泌された血液の量に応じて縮小し、血液に膜を形成します。その後、血液は食道を通し口から排出されます。この一連のプロセスの完了後、胃は通常の働きを取り戻します。

わ-V-1260は現代の不足した輸血用血液を補うべく開発されました。現在、日本は本格的な少子高齢社会を迎えました。輸血用血液製剤や血漿分画製剤の大半は、高齢者の医療に使われています。今後、少子高齢社会が進むにつれて、献血者が減少していき、輸血医療に重大な支障をきたす恐れがあります。わ-V-1260はそのような現状を打開するため、余剰血液を不足している部分に補う目的で研究が開始されました。また、副次的な作用として多血症やC型肝炎への治療薬としての側面も持ちます。

 注意

用法用量を間違えますと、体外へと排出される血液の量が増加する恐れがあります。厳守するようお願いいたします。血管性疾患や内臓疾患を患っている方が服用しますと悪化の恐れがあります。また、未成年が服薬されますと貧血や出血性ショックを引き起こす可能性があります。


KNanba.png

研究者コメント

血液は長期保存することができず、医療機関に安定的に血液を供給するためには、輸血用の血液を十分に確保する必要があります。わ-V-1260は、余剰血液を肉体が検知した時点で自動的に排出するように肉体を変化させることが可能です。現在、紛争地帯や後発開発途上国では血液の不足が重大な問題となっています。この錠剤が世界に平和をもたらす一端を担うことを願っています。
 ――Bエリア第1研究所 ヒト科生物研究員 難波 謙司
 
お客様の声:

  • この錠剤のおかげで助かった命が大いにあります。我々一同感謝の気持ちでいっぱいです。 ――49歳男性 民間軍事会社経営者
  • 私の国では輸血用血液の不足が深刻であったため購入しました。みんなが支え合って血液不足によって死亡する割合が大幅に改善しました。私の息子は難病で血液が不足していたため、たまたま血液型が同じ亡くなった嫁の連れ子に投薬し血液を補っています。 ――58歳男性 医療機関院長
  • 素晴らしい効能です。もっと世界に広めていきたいと思います。  ――25歳女性 慈善財団職員
  • 服用させるだけで血液を抜き取れる上、血液が飛び散らないのは掃除の手間も省けて最高です。  ――29歳男性 個人事業主
  • パートナーにいつも痛みを負わせていましたがこの薬のおかげで夜の生活も安泰です。 ――55歳男性 投資家
  • 患者に投与したところ容易に血液を入手でき、愛好家の間では大好評です。 ――42歳男性 医療従事者

!


警告

必ずお読みください
ドネーションブラッドタブレット(以下、DBT)を摂取後の効能を取り除く手段は現在開発されておりません。発展途上国等でNPO法人等の団体によりDBTが大量に頒布され、それによりDBTを2錠以上服薬する事例が多数報告されています。DBTは2錠以上服薬することによって、健康被害が発生することが確認されています。とある発展途上国の山村ではDBTが大量頒布された結果、18歳未満の人口が10分の1まで減少した事案が発生しています。このような事案を受け、当研究所ではDBTの効能を取り除く方法を目下研究中です。これ以上痛ましい事故を発生させないため、DBTは用法用量を確実に守っていただくようお願いいたします。 ――Bエリア第1研究所 "ドネーションブラッドタブレット"開発チーム

※DBTの効能を取り除くための研究費用が不足しています。現在"ドネーションブラッドタブレット"開発チームはスポンサーを募集中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。