WagnasCousinの提言
評価: +42+x
blank.png

 アーカイブ用サーバーに接続しています・・・

・・・接続が完了しました。


アイテム番号: SCP-001-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-001-JPはサイト-01の標準生体型収容室に保管して下さい。プロトコル・バベル実行時を除きSCP-001-JPとの接触は禁止されています。

説明: SCP-001-JPは角の無いシフゾウ(Elaphurus davidianus)の頭部を持つ、奇蹄目ウマ科(Equidae)の生物が描かれた木製のレリーフです。SCP-001-JPに彫り込まれたシフゾウの角の生え際に当たる個所を切開し、無花果(Ficus carica L.)の枝を接ぎ木するような形で固定すると、無花果の枝が急成長し大量の花嚢が実ります。その花嚢を摂食した生物に対し、異常性を持つミーム1(以後SCP-001-JP-1と表記)を伝達します。

異常性を持たない正常なミームは、キャリア間で情報を伝達しながら自己複製を行い、自身及びその他の情報に変異を引き起こす因子により、多様化と淘汰を行いながら進化する遺伝的性質を持ちます。一方で、SCP-001-JP-1の場合は前述した性質の内、伝達能力と変異因子に異常性を持ちます。安定状態のSCP-001-JP-1が伝達を行う手段は通常のミームと全く異なり、SCP-001-JPから生えた枝に実る花嚢を摂食した時と、SCP-001-JP-1に曝露した生物が親から子へと遺伝する際に限定されています。

SCP-001-JP-1の変異因子は自身及び他のミームに加えて、ミームを伝達するキャリアの遺伝子に変異を引き起こす異常性を持っています。ミームのキャリアがSCP-001-JP-1に曝露した場合、キャリアの有するミームの伝達能力と変異因子は、SCP-001-JP-1と同等の性質を持つように上書きされます2。この伝達能力と変異因子の上書きには順序があり、条件に応じて2種類のパターンに分かれます。

①:キャリアがSCP-001-JP-1に曝露する前に取得していたミームは変異因子が上書きされ、██日後に伝達能力が上書きされる
②:キャリアがSCP-001-JP-1に曝露した後に取得したミームは伝達能力が上書きされ、██日後に変異因子が上書きされる

キャリアが初めてSCP-001-JP-1に曝露した際は①の状態になります。一時的にミームの変異因子のみがSCP-001-JP-1と同じ性質を持つようになるため、SCP-001-JP-1が通常のミームと同様に伝達するようになります。この現象が発生した場合、文化的繋がりを持つキャリア間でSCP-001-JP-1が爆発的に増殖します3。██日経過するとミームが伝達能力を失うため、これらの現象は収束します。

収束以降は常に②の状態となります。ミームはSCP-001-JP-1と同様に正常な伝達能力を失うため、キャリアは他のキャリアに情報を伝達する事が不可能となり、反ミーム的性質を持つようになります。前述した通りミームは一般的な性質として、他のミームに変異を引き起こします。それはSCP-001-JP-1も例外ではなく、キャリアが取得したミームの情報に合わせて変異します。SCP-001-JP-1の変異因子の異常性により、その変異に適応する形でキャリアの遺伝子も変化します。結果的に、キャリアの遺伝子はミームの持つ情報に適応するような進化を遂げます4。SCP-001-JP-1はミームの影響により変化し続け、長い年月をかけてキャリアの生殖時に伝達する能力を失い、完全に消滅します。

プロトコル・バベル概要: Kクラスシナリオ発生後に人類が支配種として復帰する事が難しい場合、SCP-001-JP-1への曝露を利用して人類を保護し、支配種に復帰させる事を目的とした一連の措置です。プロトコル・バベルの実行過程で文化の断絶が発生するため、他に有効な手段が残されていない時に限り実行が検討されます。

SCP-001-JP-1に曝露した人類(以後SCP-001-JP-Aと表記)は、反ミーム的性質を持つため敵対する知的生命体から認識されなくなります。また、異常存在を含めた環境に適応する形で高度な進化を遂げるため、極めて高い確率で人類の絶滅を防ぐことが出来ます。SCP-001-JP-1の変化に伴いSCP-001-JP-Aの反ミーム的性質は徐々に失われて行きますが、知的生命体の文化圏に侵入し、それらの文化的情報を習得できるようになります。十分に習得した後、SCP-001-JP-Aがその他の知的生命体を淘汰する事で支配種として復帰します。

SCP-001-JP-Aの環境への適応能力には限度があります。SCP-001-JP-Aの絶滅可能性を0に近付けるために、異常性を持つオブジェクトの収容は可能な限り継続して行います。プロトコル・バベルの実行命令が出た場合、全ての職員(以後SCP-001-JP-Bと表記)はSCP-001-JP-1の曝露を避けるための手続きを取ります。SCP-001-JP-Bは、サイト外部との連絡手段を遮断してください。また、サイト内の使用言語を各サイトに割り振られた独自言語に限定し、共通言語により記述された全記録を破棄して下さい。サイト外の記憶を不可逆的に消去し、サイト外部を認識出来ないように[データ削除済]を使用してください。SCP-001-JP-Bは[データ削除済]の影響により、新規オブジェクトを確保し収容する事は困難なため、後述の人類とは異なる種を収容に利用します。

SCP-001-JP-1の拡散が完全に収束した後、『太陽の子保護区』を開放します。『太陽の子保護区』には昼行性の雑食性類人猿(以後SCP-001-JP-Cと表記)が生息しており、チンパンジー属 (Pan) やヒト属 (Homo) と共にヒト族 (Hominini) に分類されています。成体は全長1.3から1.8メートル、体重40から90キログラムになります。知性は人類よりわずかに劣ります。SCP-001-JP-CはFairyや人類の発展に伴い、生息数が1000体程度まで低下していましたが、隔離及び保護の対象にした事で、現在は██万体程度まで生息数が増加しています。SCP-001-JP-Cが開放された後、一部はSCP-001-JP-B及びその管理する施設に接触すると考えられます。その際、SCP-001-JP-Bは協力的な姿勢を取り、SCP-001-JP-Cの文化的社会の構築に必要となる情報を段階的に伝達してください。SCP-001-JP-Cは発展し、生息数の増加と共に活動範囲を広げます。多様なオブジェクトに接触する機会が増える事で、SCP-001-JP-Cが形成する社会にはオブジェクトに対抗するための文化が芽生えます。SCP-001-JP-BはSCP-001-JP-Cに対して有益または有害な情報を伝達し、SCP-001-JP-Aにとって安全で適切な文化を持つ社会を形成するようにコントロールして下さい。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。