rating: +2+x

博士は緊張していた。彼はそれを表さなかったが、彼は彼の対面に座る人物が既に彼の神経質さに気付いてるという感覚はあった。博士の顔に汗が滴り落ちた。壁の嫌な白さはそれをそれ以上は良くしなかったが、彼は続けなければならなかった。彼がもし拒否したならば何が起こるのか、彼は正確にわかっていた。彼は何人かの上司に彼が観察されていることをよく知っていたし、これらのサメどもができればこのことで彼を拘束したいと思っていることもよく知っていた。しかし彼は続けねばならなかった。

「…特別な能力はありますか?」ブラム博士は漸くその言葉を尋ねた。

「…」対面の人物は沈黙を貫いていたが、ブラム博士は何かに気付いた。何か白いもの、何か明るいものを宿した両目を。彼はそれが何かわからなかったため、その深く限りない白を見つめた。

時間が止まった。ブラム博士は席で凍りつき、抵抗しようとしなかった。彼は再び何かに気が付いた。彼はまだその人物の両目を見ていたが、白は見えなかった。代わりに、白はどこからでもやって来た。壁の白はブラム博士の目を見えなくしたが、彼はまばたきしなかった。彼は今対話の開始時点よりも緊張していることに気付いた。

この緊張は圧迫のようだった。

ブラムは何かを聞いた。ドラムだ。絶え間なく連続で騒々しいドラムが部屋の中で響いた。博士はほとんど空の部屋を見回し、壁に時計を発見した。普通の時計だ。時間は結局はまだ立っていないのか? ブラム博士は何時かわからなくなった。

インタビュワーは強いアンモニアの臭いを認識した。その臭いは強かったが、不思議なことにブラムは問題にしなかった。空気は非常に重くなり、呼吸はますます困難になった。ブラム博士は指をわずかに動かし、観察者にこれ以上は耐えられないと見えるようにした。しかしながらその手が重すぎるために、それは不可能だった。彼は前の白いテーブルを指で認めた。テーブルは冷たい金属製で、部屋に比べてとても小さかった。

ブラム博士は不意に一本の木がある庭にいた。それには小さな枝につながっている11の太い枝があり、これらの枝はさまざまな果実を持っていた。リンゴ、洋ナシ、オレンジ。プラムやレモンでさえも。博士は手を差し伸べて木から果物を取りたいという衝動を感じたが、彼の腕はそれをしたくはなかった。ブラムは未だに1cmも動けなかった。彼は木の前で奇妙な文字の開いた厚い本を見つけたが、彼はその書体を認識した。それはヘブライ語だった。彼は「知識」を意味する「לדעת」という1つの単語だけを解読することができた。それは「ダアト」と発音されるものだ。

この場面が非現実的なことをブラム博士はわかっていた。彼は両目を見開いて見ることしかできなかったが、彼はそれらが好きではなかった。あまりにも不自然だった。見慣れなかった。

庭は消え、ドラムは静かになり、テーブルは暖かくなり、筋力がブラム博士に戻った。それは終わった。

「な、何だったんだ?」

対話はまだ続いている。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。