未来へようこそ
評価: +2+x

座ってください、ハースト博士。

私はロイ博士です。そう睨まないで。調査については謝罪します、ですが我々は貴方が本物であるか完璧に確信は出来なかったのです。この数ヶ月というもの、我々とともに事を…起こそうという人々は本当に少なかった。しかし十分でしょう。財団にいる我々の友人が貴方についてのちょっとした情報を私に与えてくれたのです、ハースト博士。

もちろん我々は財団に協力者を持っています。貴方の友人、デイビット、私は信用しています。ちょうど先週、彼は六人の勧誘可能な人材について情報を送ってきました。デイビットは貴方になかなか素晴らしい評価を与えていましたよ。'我々がまさに必要としているもの'、'素晴らしい頭脳'そして'なすべきことをなせる'。今、その言葉が私に希望を与えています。一緒にこのファイルを見ていきましょう、いいですね?

おお、貴方はアラスカ事件に関係していますね?崇高なことです、誇りに思ってください。私が見る限り、この研究データだけでとても有用です。ごく少数の死傷者、しかし彼らは我々の職業指針上避けられないものだった、でしょう?そして貴方はそれを止めるために別のアイテムを使いましたね?あなたは財団で時間を浪費しているのです、博士、貴方は明らかに我々の側に属しています!

我々がここで何をしているか伝えるべき時のようですね。本質的に、我々は貴方が離れたばかりの組織と非常に似通っています。我々はそう巨大ではありません、認めましょう、ですが私は我々の方が本質的、つまりより多くのことを達成できると思うのです。より多くのものを、我々との仕事で貴方は見るでしょう。我々は現在326のアイテムを所有しています。貴方のみやげを加えれば、今は327となりますね。

これは'人間血清'です。如何なる動物でもこれを注射すれば人間に近似した形へと変身します。彼らが持っているサンプルは、厳重に保存されていました。しかし我々にはよりよいアイデアがあったのです。我々はそれを人間に注射しました。ええ、結果ははっきりしました。これが貴方がなすことです。正義ではないことを行います、なぜならそれを行えるものは他にいないからです!それが世界にとっての善なのです、博士!

我々は財団よりも多くの検証テーマを持っています。我々が施設をおいている国家の役人たちは、我々に彼らの下層階級、極貧層、使い道のない人間たちを支払います。我々が消費する人々は何も持っていません。彼らは何者でもありません。しかし我々は彼らを確保し、消費します、そのとき彼らは何かであるのです、そうでしょう?彼らは未来そのものです。

私は未来において、銃を伴った戦争が起こらないことを願います。信じられないようなものを使って戦うのです。戦争は即座に終わります。始める前に終えることすら可能でしょう。私は悪ではありません。しかし我々は悪を行わなければならないのです。

貴方には最初の二ヶ月に30の検証テーマと、2つのVertigoイテムを利用する権利を与えます。貴方がたがSafeアイテムと呼んでいるものを、我々はそう呼びます。輝ける新たなアイデアを、博士、輝ける新たな未来のために!ハハ。感動しましたか、博士。貴方が我々の予想を超えるだろうと私は確信していますよ。

貴方はテーマのためにアイテムを使いますでしょうし、やり方はご存じでしょう。貴方が何か掴んだと確信するまで何度も何度も試し続けて下さい。武器を掴んでいると感じたら、それを使ってください。これはもう一つの小さな一歩なのです、博士。もう一つの小さな一歩。

ああ、名前ですか?我々は不可能な潮流に対抗する小さな力、そしてこの力は不合理の中に合理を創造しようとしています。カオスインサージェンシーより相応しい名前がありますか?

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。