ポロナイズ博士の提言
評価: +44+x

記録情報セキュリティ管理室(RAISA)より通達

このSCP-001提言は不完全で、 十分研究が進んでいないアノマリーが関与しています。担当職員に連絡をお願いします。

アイテム番号: SCP-001-J

オブジェクトクラス: Agape

特別収容プロトコル: 現在のSCP-001-Jの宿主であるポロナイズ博士は、もうSCP-001-Jを内部に収容することができなくなりつつあります。この報告書の完成をもってSCP-001-Jはノガレス研究員に譲渡されます。

説明: SCP-001-Jは主に感情を経由して現れる形而上的概念です。SCP-001-J実例は現在ポロナイズ博士の中に存在していますが、ノガレス研究員にも同様に存在する、という見方が強いです。

SCP-001-Jは宿主であるポロナイズ博士のふるまいと人格に変化をもたらします。例として以下のものがありますが、これに限るものではありません:

  • エンドルフィンの増加
  • 気分が前向きになる
  • 人生観の改善
  • 不合理な行動
  • 不随意の自然な笑い
  • 目から涙が出る
  • 共感性の増加
  • 楽天家になる
  • 明確な未来の設計
  • 高価な商品の購入
  • 他のSCP-001-J宿主と個人体験を深く共有する傾向にある
  • 他のSCP-001-J宿主と感情的、物理的に親密になる

現在のSCP-001-J実例は明らかに自分からサイト-119のカフェテリア内で食事を共にしているように見えます。略式調査やサイト-119の他の職員に広がっている噂もこの仮説を補強しています。

多くの特殊な状況や行動がSCP-001-Jの影響を強くすることが確認されています ; 以下のリストはポロナイズ博士により作成されました。

症状が発現するまで何年も休止状態にあったことから、SCP-001-Jには長い潜伏期間があると仮設が立てられています。SCP-001-Jは不治の病であり、時間とともに悪化していきます。

補遺:

ポロナイズ博士: SCP-001-Jは収容できない。でも、影響をうまい具合に取り扱う方法を思いついたんだ。 ノガレス研究員、結婚してくれるかい?

ノガレス研究員: 承認します。このお馬鹿さん。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。