SCPを書くときにやってはいけないこと、代わりにやるべきことのリスト
評価: +13+x

このリストの目的

過去に処女作の下書きを大量に読んできた経験から見るに、以下で詳細を記す問題は駆け出しの執筆者に典型的なものです。このリストの目的は、あなたが起こしてしまっている可能性がある各問題の具体例を挙げ、改善するには何をすればいいか、なぜそのように変更を加えるべきなのかを述べるというものです。

注意: このリストは公式ではありません。これは文法の添削と文体に関する助言をまとめたものであり、あなたの作品の質を向上させると私が経験則的に考えているものです。

下手な説明から説明を始める

説明: SCP-3714は視界に入ったものを攻撃します。

説明: SCP-4253はイギリスのブリストルで最初に発見されました。

してはいけないこと: オブジェクトがどんなものであるか説明する前に、そこまで重要ではない特性を挙げていく。

すべきこと: まず初めに、そのSCPが実際にどういう物体であるのかを説明する。

なぜ: オブジェクトがどんな外見であるかは、読者に一早く伝えるべき情報です。例えば、このSCPは視界に入ったものを攻撃する、と書いても、それがどういう物体なのか事前に伝えていなければ、狙い通りのイメージを誘い出すことは不可能です。狼が見るなり攻撃したというイメージは、テディベアが、ピエロが、あるいは知恵を持ったナイフの箱が同じことをしたのとでは全く異なります。つまり、何を思い描けばいいのか分からなければ、読者は何も思い浮かべません。まず最初に、そのオブジェクトがどんな物または概念であるかを、読者の頭に叩き込みます。それから、その特性について詳しく説明していきましょう。

「XXのようです」「XXに見えます」「XXと考えられています」と書く

SCP-3452は、20cmの長いミミズのように見えるものです。

SCP-4720の外観は革財布のように見えます。

SCP-3293はステンドグラス製だと信じられています。

SCP-4249は、浮遊能力を有すると考えられています。

してはいけないこと: 実際に[XXである/XXする]にも関わらず[XXであるようだ/XXするようだ]と説明する」。

すべきこと: オブジェクトに関して「XXである」「XXする」と、断定的に説明する。

なぜ: 科学的文書は、断定することを躊躇ってはいけません。1本のひもの長さを測定して求めたとき、求められた長さはそのひもの実際の長さに見えますし、私たちも実際の長さだと信じます。そのように見え、私たちがそう信じる根本的な要因は、実際に事実であるからです。この認識が機能しないと考えられる特別な理由(オブジェクトの効果が私たちの認知能力を改変してしまうなど)がない限りは、事実であると断言すべきです。

説明部分に収容手順を書く

説明:SCP-4293との接触はテストする場合を除き、許可されていません。

説明:SCP-3946の封じ込めセルのサイズは3×3×3メートルです。

してはいけないこと: 説明の項目に収容手順を書く

すべきこと: 収容手順は特別収容プロトコルの項目に書く

なぜ: :財団職員(と読者)は特別収容プロトコルの項目を読むことで、SCPの収容に関するすべてを判断できる必要があります。SCPの収容や接触の制限に関する情報が説明の項目の中に埋もれてしまうのは、財団世界において合理的とは言えません。

特に意味のない削除及び検閲

SCP-4296は██████の[編集済み]で発見されました。

SCP-3252との物理的接触は███████████を引き起こします。

D-█████は収容室内へ侵入しました。

█████は████博士、█████████████████博士、██████████████、そしてデニス・████████████と共に実験を行った。

してはいけないこと: 情報を隠す意味がない、隠しても意図した反応を読者から引き起こせない削除や黒塗りを行う

すべきこと: 情報の削除は、世界観に合致し、尚かつ望ましい反応を読者から引き出すのに役立つ場合にのみ行う

なぜ: 情報を抹消することは、読者に好奇心や懸念を惹起するための有効な手段となりえますが、しばしば適切でない形で使用されています。効果的な使用例は、地球上のオブジェクトの正確な位置が隠されており、それがどこにでも存在し得る──読者の近くにさえも──ことを意味している場合です。同様に、SCPの完全な特性に関する詳細情報を検閲する場合も、読者に「一体何が起きるのか」と考えさせることができます。例えば、SCP-447でこの手法は非常に効果的に使われており、この記事をとても効果的なものにしているのは、SCP-447が死体に触れたときに何が起こるのか私たちには分からないというところです。

職員や民間人の名前を検閲したり黒塗りにするのは、あまりやらないことです。(具体的には、Dクラス職員はD-3742といった指定ですでに本名を隠されているのでナンバーを隠すことに意味はありません。)同様に、オブジェクトが読者の近くに存在したとしても感情的な反応を誘い出す可能性が低い場合、その所在地を隠す理由はほとんどありません。見えない巨大なモンスターがどこに居たっておかしくない、すぐ後ろに居るのかもしれない、というのであれば読者は怖がるかもしれません── しかし、描き上げたどんなものにも命を吹き込む鉛筆であるなら、その正確な所在地を隠しても読者の反応は変わりません。このような場合には所在地を検閲しても何の意味もありません。検閲したり隠したりすることで良くなるものが無い場合、そうする価値はありません。

「常時」または「必要ない限り」といった表現を使う

SCP-4392は、常に封じ込めチャンバー内にて収容されます。

特別に必要でない限り、収容室内は立ち入り禁止です。

してはいけないこと: 収容は常に維持されるべきであること、理由がない限り何らかのアクションは起こすべきでないことを述べる。

すべきこと: 収容が維持されるべきであること、全てのアクションは必要性があって行われることを前提とする。

なぜ: 特定の手順でオブジェクトが収容されるべきと単純に述べる場合、収容手順が永久的に保持されることを意味しています——丁寧にお願いされたからといって収容対象を解放するのは、標準的な慣例などとは言えません。

文字の打ち方や書式を変えて装飾する

説明: SCP-3740は長い牙や毛皮を持つ巨大な黒犬です。1

SCP-4026との接触は、目の膨張、唇の垂れ下がり、その他の関連するものといった影響を伴うことがあります。極端な場合には、を引き起こす可能性があります。2

してはいけないこと: 文書全体をこのようにタイプしたり3、読者の注意を引くために一部で大文字や太字を使う。4

すべきこと: 文の最初の単語の頭文字は普段通り大文字にし、文の途中で大文字や太字を強調する目的で使わない。

なぜか: 作品の中でこんな風にタイプしたり書式を変えたりするのは、記事の内容を損ないます。それに、どうもバカっぽくて身勝手なように見えがちですし、特に理由もなく文章を読みにくくしているだけです。まさしくここで示しているように。5

現代科学では知られていないもの

SCP-4392は現代の科学では知られていない濁った液体を排出します。

SCP-3927は、地球上で未発見の物質で構成されています。

してはいけないこと: その材質が、オブジェクトを異常な存在にしている要因のひとつだと明らかなとき、それを「現代の科学では知られていない」と書く。

すべきこと: 材質については「特定されていない」、もしくは「特定不能」と書く。

なぜ: 「現代の科学」は非常に漠然とした用語です。さらに、財団は一般的に現在「近代科学」と考えられるものを超えた技術を有している、と考えられます。ほとんどの状況下で、材料の原子または分子の内容を特定できる技術があります。これらの技術でも解析に失敗した場合、「現代科学に不明」ではありません。サンプルが目の前にあります——ただ、解析がうまく特定できなかっただけだからです。このように、「特定されていない」または「特定不能」とするべきです。

間違った識別子でSCPを分類する

SCP - 4203 - 27

SPC-4203

SCP-4203、別名「ザ・ウォッチ」は、小さな懐中時計です。「ザ・ウォッチ」は注意して取り扱ってください。

説明:オブジェクトは、大きなビーチボールです。膨張したとき、オブジェクトはビーチでの遊びすべてのために使用することができます。いくつかの試験は、オブジェクトに対して行われてきました。オブジェクトは現在収容されています。 Objectオブジェクトオブジェクト。

してはいけないこと: SCPを表記する際にダッシュ(-)の間にスペースを入れる、「SCP」のアルファベットの順番を間違える、またはSCPアイテムに言及する際にその指定名称を使わず「オブジェクト」という呼称ばかりを使う、もしくはそのSCPの指定名称ではない何らかの呼称を使う

すべきこと: 常に「SCP-4203」のような形で記述してください。

なぜ: 財団の文書化方式は、作品世界内では規格化されています。したがって、「SCP-XXXX」という形式が常に使用されるべきです。「ザ・ウォッチ」のような、何らかのニックネームで呼ぶことは絶対にやめましょう。名称を指定する全体的な目的は、明確にオブジェクトを言及し続けられるようにすることです。財団は百の異なる「ザ・ウォッチ」を保有しているでしょうが、いつでもSCP-4203として指定されたものはただ1つだけでしょう。また、公式文書内でSCPを「オブジェクト」と言及するのは問題ない(とはいえ私は猛烈に止めさせたい)ですが、そればかりを使うのは避けましょう。そのような態度は不満の対象だ6、とあなたは言うかもしれませんが。

間違ったIts/It's7

SCP-4720をなだめる唯一の方法は洪水させることで、それは毒ガスで収容チャンバーです。8

SCP-3927は、特定のルーン文字のある箱にずっと格納する必要がありますそれは表面です。9

SCP-4293は温暖であると素行が悪く、従ってその保管されたは冷蔵収容チャンバーの中。10

してはいけないこと: 「it's」を非短縮形である「it is」では意味が通らない部分で使う、「its」を「it is」が非短縮形として望ましい部分で使う。

すべきこと: あなたの語法が正しいか確認するためにhttp://www.its-not-its.info/を参照する。

なぜか: これは英語の文法ルールのひとつであり、多くの人々が混乱するルールでもあります。それこそがルールだと学ばなければなりません。11とはいえ、その理解はできる間違い。12私は絶対に、絶対に犯さない間違いですが。

既にわかりきっていることに関して説明する

Dクラス職員は常にスタッフの指示に従ってください。

SCP-4639は、収容室内に収容されるべきであり、開放してはいけません。

SCP-3274の収容室に侵入しようとしている人物は誰であれ拘留されます。

収容違反が発生した場合、SCP-4293はすぐに再収容される必要があります。

してはいけないこと: 作品世界内の職員、あるいは現実世界の読者が既に知っているであろう財団の仕事の実態やそれに関する事を述べる。

すべきこと: 読者が財団について理解していることを前提にしてください。

なぜ: もし、SCP記事ひとつひとつで基本的な行動に関する全情報を詳しく述べた場合、極端に冗長になりますし、その内容は読者に向けたオブジェクトの説明とはほぼ無関係なものです。収容の手順にひとつでも違反した場合、誰もが拘束されるべきだと思うのは非合理的とまでは言えません。ですが、オブジェクトが収容から脱走した場合、適切な行動方針がオブジェクトを収容することなのは明らかです。こういった当たり前の手順を説明する文章は、基本的な行動を述べているのであり、記事に与えるメリットは少ないです。

3次元的物質を3次元以外あるいは間違った単位を用いて説明している

SCP-3923は、4x4mの部屋に収容されています。

SCP-4273は、サイズで3x3x3x3mの収容セル内に保持されます。

SCP-3293は30x30x30フィートを測定室に保管されます。

SCP-4639は1.3mの体積を有しています。

してはいけないこと: 物理的に3次元空間に存在する物体のサイズ・量を3次元以外の単位で記述する、測定した数値を表すのに非メートル法の単位または間違った単位を使用する。

すべきこと: 三次元物体の寸法は3つの数字で表記し正しい単位で3次元的物体を説明する(長さのメートル、大きさのリットルといった具合に)

なぜ: SCPの文書は科学的な文書として書かれています。したがって、これらの文書は科学的に正確であり、測定のために標準的な科学的測定基準(シャレだからね)13を使用する必要があります。ほぼ全ての場合で、メートル法が使用されるべきです。参考までに、こちらのウィキペディアのページを確認して、記述したいものに相応しい単位が何かを判断してください。

用語または科学的性質の誤用

SCP-4028は、小型の動物を窒息するのに十分な放射能を放ちます。

(放射能が窒息を引き起こすことはありません)

民間人にはCクラス麻酔薬14が投与されました。

(記憶処理15は意図した用語です)

やるべきでないこと: 意味をよく知らないのに、記事で用語を使用したり科学的性質に言及する

すべきこと: その用語が表す性質をしっかり理解している場合にのみ使用する

なぜ: 繰り返しになりますが、SCP記事は科学的な文書として書かれています。財団の世界では、これらの文書は科学的分野の専門家達によって書かれているのです。著者としてあなたは財団の科学者のように賢くある必要はありませんが、財団の科学者のように書ける振りができる必要があります。あなたが専門用語の意味について自信がない、または特定の特性や作用の結果を詳細に理解していない場合は、それらの用語を使う前にチャットやフォーラムで誰かに質問してください。

画像が無いことにあえて言及する

画像:[画像編集済み]

現在画像待ち

してはいけないこと: 画像が欠落している、あるいは検閲されていることを特筆する。

すべきこと: 手元に画像があるなら記事に組み込み、そうでなければ画像が無いことについて書かない。また、文章中に画像を埋め込むのではなく、SCP記事を書くには?の「フォーマット」のタブにある「画像の表示方法」の標準の画像表示用構文を使うようにする。

なぜ: 財団世界では、記事に画像がない場合、それは単純にその必要がないだけです。画像を表示しない特別な理由——例えば見ると悪影響があるなど―—がない場合、画像がないことに注目させるのは何の意味もありません。

怒り状態

SCP-4027は大きな太い棒でつつかれると怒り状態に入ること観察されました。

やってはいけないこと: とにかく「怒り状態」を示す用語を使用する

すべきこと: とにかく「怒り状態」を示す用語を使わない

どうして: 人が怒ったとき、「怒り状態に入る」と言いません。単純に「彼らは怒る」と言います。動物がうなり声をあげ攻撃するとき、それは「怒り状態に入る」とはされていません。自分の縄張りを守る、または空腹であなたを食べたいがために攻撃的な行動をとっているのです。SCPがあなたを殺すために行動するとき、それは「怒り状態」にあるのではありません。知的な衝動、本能、または本質的な特性などの理由によってあなたを殺そうとしています。「怒り状態」という言い回しはなんら有用な意味を持たず、通常の英語話法で使用される言葉ではありません。そういった振る舞いを、読者により詳細に伝え述べるために使える説明しやすい言葉が、必ず存在します。

最後に

以上の参考例が、SCPを執筆する際にここで挙げられたミスを犯していないか判別するのを助け、将来的にはあなたの作品をより良くするのに役立つことを願います。これらの間違いを犯していたとしても、気を落とすことはありません。サイトの誰もが最初は初心者でした。とにかく記事を読み続け、書き続けましょう。そうすれば、執筆者として磨かれていきます。幸運を祈ります!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。