何が真実だ?
評価: +2+x

「エージェント・パウエル、こちらサイト42。ターゲットは見えているか?」

「いいえ、博士。チームは位置についています。我々は出現時間に近づいています。対象は30分以内に現れるはずです。」

「よし。これはまっとうな償いだ。」

「ええ、ええ…あー、博士?質問をしても?」

「それは任務と関係があるのか?」

「ええ、その類です。今日は、わかるでしょ…今日は満月です、でしょう?そして疑問だったんです、あー…我々が狩っているのは人狼ですか?」

「…そうではない、エージェント・パウエル。君は月齢に合わせて変身する変態存在を追跡しているのだ。」

「ええ、でも書類を読みました。あれは狼に変身するんでしょう。」

「あれは Canis lupus に近い肉体的特性を得た人型存在だ、ああ。」

「オーケイ、でもあれは人狼です。」

「エージェント・パウエル、'人狼'は非科学的な用語だ、我々が完全に理解しきれていないアノマリーを説明するのに使うべきではない。」

「あなたは我々に銀の銃弾を渡しました。」

「前回の出現場所から回収されたDNAサンプルの検査から、銀分子の構造が対象の異常な分厚さの表皮を貫通することが判明した。さあ、エージェント・パウエル、もし集中出来るなら是非…」

「いや、そこが問題なんですよ。集中出来ません!これは僕の歯止めを効かなくさせました!僕が言いたいのはこういうことです、もし人狼が真実なら他のものもそうなのですか?ねえ、吸血鬼も真実ですか?フランケンシュタインも真実ですか?」

「ノー。それにフランケンシュタインは博士だ、怪物ではない。」

「ミイラは?」

「ノー。待て。技術的なことか?彼らは確かに存在するが、君は歩き回るやつらのことを言いたいのか?ノー。ノー、心配するな。」

「ネッシーについては?チュパカブラは?ええ、疑問が止められません。」

「エージェント・パウエル、もし止められないなら、私は君たちの指揮官と少し話をつけなければならなくなる..」

「恐竜は?恐竜は真実ですか?」

「何?ああ。もちろんあれらは真実だ。恐竜はアノマリーではない。さあ、エージェント・パウエル、会話は終わりだ。集中して—」

「ビッグフットは真実ですか?」

「…」

「博士?聞こえますか?」


これがどうやってエージェント・パウエルが書類事務員に降格したかのいきさつだ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。