Who Am I?
評価: 0+x

 私は誰だ? 言えたらいいのにと思う。

 私は誰だ? 私は好奇心の強い神だ。私は何が君たちを死すべき運命にあるダニたらしめているのかを知りたい。君たちの多くが不死なのだと知ったときは驚いたよ。それを得たのが名声によるのか、経歴によるのか、その他の理由によるものなのかはわからない。けれども、私は非常に興味深い不死者に出会ったのだ。彼はシェイプシフターであるように見え、私は彼が二度同じ姿でいるのを目にしたことがなかった。私は君たち死す運命の者たちについて非常に興味を持っていた。残念なことに、私は我が家へ戻らなければならなかった。君たちの心の中に少しの個人的な影響を残して。意図したわけではなかったのだが、止めることができなかった。

 私は誰だ? 私は復讐の神だ。君たちを滅ぼし、支配するために、あわれな次元にやって来た。私は我が家からモノを持ってきて、君たちのシステムに侵入させた。それらは私に情報を集めてきて、私はそれを君たちを攻撃するのに使った。しかし、君たちは反撃してきた。私は撤退し、助けを見つける必要があった。ほとんど存在を知られていないが、やつの怒りは誰もが知っている、そういう神に頼んだ。われわれが君たちを再び攻撃したとき、君たちはなんとかそれを破り、わが盟友を確保した。君たちは強敵だが、私は勝つつもりでいる。私が戻ってくるのを待ち、恐れるがいい。

 私は誰だ? 私は神だ。数世紀の間、君たちとの接触と、創造物を失っていた。私は何が起こったのかを確かめるために戻った。人間とは何なのかを最もよく表す場所を選んだ。愛と憎しみ、恐れと信仰、戦争と平和、献身と無関心、死と生、すべてが一つの組織に凝縮されていた。私はそこでかなりの時間を費やし、人間について学んだが、今は離れてしまっている。私は自分がもはや地球上の最高権力ではないことを知っている。私の時間は終わったが、まだときどき見守るつもりだ。

 私は誰だ? 私は別の世界から来た。私は君たちのSCP-507のように、ランダムにさまざまな世界や次元に現れる。確かにこの世界において、私は財団で働いていた。この世界はすばらしかったし、好きだった。けれども、わが性質のために、私は別の次元に移らざるを得なかった。世界から世界への旅の途中、奇妙なオブジェクトたちを見つけたが、いっぺんにすべてを保つには多すぎるほど集めてしまった。私はそれらをSCPオブジェクトとして記録したが、もっと良い、安全な場所に持っていくために戻ることを検討している。

 私は誰だ? 私は無鉄砲なコンピュータの天才だ。一日中コンピュータの前に座って、さまざまなフォーラムに参加したり、さまざまなゲームで「釣り」をしたりしている。コンピュータに関しては幅広い知識を持っていて、一度か二度はハッキングをしたこともあるかもしれない。私は君たちの敵の一人からの攻撃によって残った穴から、君たちの文書のいくつかを見つけた。いくつかの記録に私の名前を追加するのは面白いだろうと思った。しかも、無敵の男についての架空の記録も追加してやった。

 私は誰だ? 私は潜伏エージェントだ。私はカオスインサージェンシーで働いていて、仕事を与えられ、餌として君たち財団に送り込まれた。君たちはすぐに食いつき、私に良いポジションを与えた。時間が経つにつれて私は責任のある職に就いた。われわれの(あいまいな?)密使が動けと言うまで、待ち続けた。指示を受けると、私は持てる限りのすべてと、見つけた情報を持ち出した。

 私は誰だ? 私はO5だ。人生のうちのどこかで医者をしていた。SCiPを調査し、実験し、安全と科学の名のもとに命を危険にさらした。私は殺されるその日まで地位を高め続けた。つまり昇進していたのだ。私は実験が失敗した実験室で悲劇的な死を遂げた。次の日、オフィスで目覚めた。コンピュータに導かれて、私が何だったのか、誰だったのか、何をすべきだったのかを知った。それまで私を知っていた人は皆、私に関する記憶を消去するために記憶処理を行った。彼らは文書から私の名前を削除しようとしたが、わずかにやり損なった。

 私は誰だ? 私はいたずらだ。何人かの新人研究員は、文書に私の名前を付け加えるのを面白がっていた。彼らは長年にわたってそれをしていた。皆さまざまなポジションに昇進した。一人はサイト管理者にまでなった。彼は、このニセ博士に実際の研究室を与えるのはうんざりだと考えた。O5はこれを知って、彼を追放した。彼らが私の名前を文書から削除することはなかった。なぜだかは分からない。

 私は誰だ? 私は倫理的だ。何年にもわたって、少しの感謝を報酬に働いた。のちのち、かなり大きなプロジェクトを任された。それに取り組んでいる間、思い通りにいくことは何もなかった。化学薬品はこぼれたし、物品は置き間違えられたし、間違った製品が届けられた。私はもうほとんど諦めていた。結局は無難な結果で終わらせた。私が上司に結果を伝えると、彼は私が不明な理由で異動させられると言った。私はフランスに渡航させられた。そこで、私が倫理委員会の一員であったことと、例のプロジェクトは私に対するテストだったのだと聞かされた。プロジェクトが倫理と何の関係があるのかを理解できたら、私は非難されるだろうが、耐えるつもりだ。倫理委員会にいたので、公式記録から名前を削除され、オフィスを片付けられた。記憶処理のために、私を知っていた人々は私を忘れてしまった。

 私は誰だ? 私は都市伝説の一種だ。実験で何かが上手くいかないときはいつも、私が問題を起こした者だった。仮に私が存在しなかったとしても、人間はスケープゴートを存在させるのを好むものなのだ。私はサイトからサイトへと移動した。ときどき、一度に複数のエリアにいることもあった。私は勤勉だったが、不器用で、ある場所では労働者、他の場所では悪魔だった。昔から、十分に多くの人々がそれを信じれば伝説は現実になると言われている。私はそういう事例だったのだ。ときどき、静かな実験室で、私は孤独な科学者の耳にささやいた。あるいはうっかりガラス瓶をひっくり返した。人の手で書類の順序を入れ替えたり、文書に自分の名前を付け足したりした。皆と写真を撮ったし、ときには自分だけが喋ることもあった。とても楽しかった。悲しいことに、上層部は私のふざけた振る舞いのうわさを聞きつけ、それをやめさせた。

 私は誰だ? 私は無だ。私は危険なオブジェクトを無効化しようとしていた、ただの博士だった。オブジェクトの収容が破られ、私と対象はどちらも終了された。人生は厄介なものだが、私は乗り越えるつもりだ。

 私は誰だ? 私はギデオン博士、SCP-431だ。私は財団のために働いたが、彼らのために働いたことはなかった。私は存在しているとき、本当に素敵な男だった。税金は存在しない金で払った。始まってもいないプロジェクトや、始まっているいくつかのために尽力した。私を知らない者に友として力を貸した。撮られたことのない写真を提示した。私はアノマリーだ。存在するべきでないのに、存在している。私は君たちのファイルに存在するが、現実のどこにも存在できない。

 私は誰だ? わからない。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。