忠実
評価: 0+x

ほとんどの人間は、生活レベルができるだけ高くなるように努力している。これは、より高い地位が安全の保証や、平和をもたらすという誤った見方をしているからかもしれない。しかし、最初の見解は、それが正反対であるということを示している。だれもがその地位を得たいと思っている間は、 平和は保障されている。それには多くの努力や期待を必要としないという事実は言うまでもない。

もちろん、みながその地位を得ることは簡単に持つことはできない。生活レベルが最高水準に居る人間というのは大統領、ビジネスマン、教皇、ロックスターなどが含まれる。 しかし、低レベルな水準に居ても、求めるものは手に入ることがある。プロダクションマネージャー、控えめな市長、または弁護士などがそれにあたるだろう。

— 王女は何でもかんでも欲しがんないだろ? — Anihilatorの考え


Badgaiは特別に用意された限定数千台のオートバイのうちのひとつに乗っていた。これらは非常に複雑な機械で、過酷な条件(搭乗員によるものと、用途によるもの)に耐えうるように設計されていたが、同時に、適切なときに、効果的な速度を出すことができた。彼はアーマー、飛行機、または時空湾曲ジェットエンジンを使うことができたが、伝統的で平凡な方法を高く評価していた。またプロジェクトセンターからの話によれば、これは抑止と実証のためのものでもあった。 結局のところ、法の番人は、彼の存在と勇気を示さねばならないのだ。Badgaiがこの輸送手段を選択したもうひとつの理由は、ミッションの目的だった。地上目標と戦うために作られた、巨大な先頭車両との対決だった。

もっともそれに適さない装備を選択したのは、勇気と自身を強調するためだった。


あたかも刻一刻と近づく対決の瞬間を完治したかのように、太陽は地平線の後ろに隠れようとしていた。地上で彼を脅かすものは誰も居ないことはわかりきったことだったが、BadgaiもAnihiliatrokaも、 「地上」の存在として分類できないことを知っていた。恐ろしいもの、危険なもの。しかし、この日は地球上で比類することのできない日だった。

ポーランドの「なにもない」はこの分野で並ぶことがないほど美しいものだ。宇宙の「どこを」探しても、唯一の美しい惑星、とりわけ地球の仲でも、ポーランドでは「どこにいたって」、少なくとも5秒間があれば、新鮮な空気を吸い込み、農家がどのように作物の世話をするかに思いをはせることができる。

古い、使い古された家に住む人々は、彼らの住んでいる地域の幸福に気づくことができなかった。彼らは、他人の夢が、彼らの存在とどれほどすばらしい関係を築いているのかに気づかなかった。あるいは、他人が居れば彼らは満足するだろう。にもかかわらず、彼らは意図的にこの詩的な空間から肯定的なものを当酒手いるかのように、彼らの生活水準の低さとは無関係に、平和を享受していた。

皮肉なことに、このような住人の住むそのような場所で、オートバイに乗った男(とパワーアーマー)、そして680tの機械(しかし非常にスマート)が対峙していた。


ロボット戦闘機Anihilatorは(財団のプロジェクト以外で)最新の試作機だった。原子力発電で駆動する駆動系は、適切な速さであらゆる距離を走ることができる。注目に値する数多くの武器の中のひとつは、12.7mm砲で、「殺人が道徳に反するか」という質問に、1秒間に600回「黙れクソ野郎」と答えることができ、大陸間弾道ミサイルも使用することができる。何によって作られているのかはいまだ判明していないが、Badgaiの構成要素ににた物質、つまり、三重化されていない2対のポラロイドの外的行動酵素を使用していることが疑われている。 要するに、Anihilatorは信じらんねえほど強くて、簡単に言えば、Anihilatorは彼以外で一番すばらしいものだった。


Badgaiのタスクセットは通常のものとは違った。「破壊する」というワードは無く、それよりはるかに繊細な「無力化する」というワードも無かった。ターゲットのオブジェクトも普通のものではなかった。実際の世界的脅威ではなかったし、その方向への積極的な取り組みも行っていなかった。それは実際、何もしていなかった。。なぜなら、200tもある機械は、放置しておくだけで地盤に十分悲惨な結果をもたらすからだ。 これは露天掘りの鉱山を作る以外に肯定的な影響を与えることはできなかった。

横にある駐車場(500mは離れている)にバイクを駐車している間、Badgaiはゆっくりとその目標に近づいていった。彼は落ち着いて自制し続けようとした。怒りを爆発させることは、計画された行動ではなかった。最高の俳優でさえそれを隠すことはできないほどだったが、コントロールは、それを発散することをよしとしなかった。

機械は距離をとり、Badgaiを探していた。

Badgaiは、機械を探すためにあたりを見回す必要は無かった。

両者には大きな違いがあるにもかかわらず、すばらしく、脅威的で、エキゾチックな自信を持って、その種の他の代表的なものよりもはるかに大きな体重、 すっきりとした足回り、そして隠された緊張感を共有していた。

彼らは何をすべきか、正確に把握していなかった。逆説的に、設定された任務、彼らの持っている機能や武器、そして汎用性にもかかわらず、彼らはまた、対立を避けたいと考えていた。恐怖や恐れのためではなく、尊敬、同情、あるいは普通の人間(または機械)としての好奇心のためでもなかった。


俺たちは同類だ Badgaiはそういった。

そうだな。 — Anihilatorは機械的だが穏やかな声で答えた。

われわれを作った人類は、俺たちを恐れてる。 Badgaiはあたかもお互いを長年知っていたかのように、そういった。

われわれはお互い、戦いあうために存在している。 — Anihilatorも実際お互いを知らなかったが、古きよき友人であるようにそう答えた。

それで、都合の悪いことに、われわれは存在するためにはお互い戦わなくてはならない。それが存在理由だ。 そう、彼らはお互いを知らないのだ。

グロテスクだ。そう思わないか。 — 人型戦闘機と、人類はそんなに永く話すべきではない。自我を失い始めてしまう…

だれも俺たちの希望はきいちゃくれなかった。 Badgai、お前は理解していない…

Badgaiは第四の壁を突破することを試みた。もちろん、第1、第2、第3、第5、第6も。

お前にはそれはできない。

私はできる。 Anihilatorの言葉には耳を貸さずに、Badgaiは答えた。

本当か?おまえは、お前の夢の実現のため、全世界の意志を無視するのか? — 完全に電子的な思考で、Anihilatorは彼に尋ねた。彼女が女性であることを考えれば、彼女は魅力的だった。しかしBadgaiはこの考えを追い払った。彼女の要求をすぐに飲むわけには行かない。

もちろん。 彼は、約束をしたことを知らずに同意した。この厳しい世界の避難所として、彼には選択肢が無かった。たとえ彼が何を与えたのかわからなくても、彼はこの言葉を守らなければならなかった。特に、このような場合は。


ミッションの状態:成功


MR-2000はコードネーム「Anihilator」という異常な大量破壊兵器の脅威を、効果的に無力化しました。これは外交と協定の形で行われ、損失と暴露のリスクを最小限に抑えることができました。200tの巨体から大気中に放出される廃棄物は、緊急要請の対象となりました。Badgaiには公的に、特権乱用について叱責を受けました。 Badgaiは、新しいプロジェクト管理間によって、無血での解決について賞賛を受けました。

以下は、Anihilatorの新しい登録住居(火星)からの通信です。

私は十分に孤独を味わった。
私はただ素敵な一日を過ごしたかった。
私は創造主から命を授かった。
だから私は彼についていった。

私は火星の女王様だ。
ここで私はしたいことをする。
Badgaiとのちょっとした一歩を。
私は再び笑えている。

伝送の文脈、または意味は不明です。宇宙センターに勤務しているエージェントは、この伝送(および類似のもの)は正常とみなされると発言しました。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。