異学壱零陸 夔
rating: +5+x

(中華異学会の資料より抜粋。財団中国支部により句読点の追加と編集がなされた。
 一部箇所は編集済。人名・地名は下線で表示される)
1


經:初,神農蚩尤涿鹿。持數日,軒轅率百餘夔趨擊之。蚩尤神農,帝殺蚩尤,並戮二軍,遂主天下。


「竹簡」による記述: 初めに、神農は涿鹿タクロク蚩尤シユウの軍勢と対峙した。戦いが膠着していたが数日後、軒轅ケンエンは百匹余りのを率いて戦場へ乱入。蚩尤が神農を殺した後、軒轅は蚩尤を討ち両軍を破った。これで、軒轅は天下を取ったのだった。2


傳:帝得百餘夔於[毀損],號曰“軒轅之師”。諸部不順者欲起,會於██,以共工、為酋。帝驅夔擊之,擒斬共工。帝有天下,文德昌盛,遂置夔於招搖山1繼而踐祚,叛之,不敵。帝丹朱遂發夔師,斬羽郊2

補足: 帝・軒轅は[毀損]で夔を百匹余り手に入れ、それを「軒轅の軍勢」と名付けた。当時、軒轅の統治に服従しない各部族の者は██へ集い、共工3を盟主に擁して反乱を起こそうとした。しかし、軒轅は夔たちを使役して、共工を捕縛し処刑した。帝・ギョウ4の治世になると、国が安定していたため、夔は招揺山と呼ばれる場所に封印された3。その後、シュンが国政を掌握するも、コン5に裏切られ殺害される。帝・丹朱6は夔を解き放ち、その軍勢をもって鯀を羽郊47で討った。


史:異學壹零陸,竹書所載“夔”也。狀如牛,無角,一足,色蒼青,聲若雷震,方圓百丈聞者無不倒斃,面孔未見異狀。竹書曰,“帝子丹朱遂發夔師,斬羽郊”。後文不存。
而後千有餘年,或謂諸嬴秦、趙軍中。


巨君5代漢。地皇二年6秋,有賊挺師西犯,初克上黨河內河東三郡7。至冬,乃大敗。時一太學生經行上黨,睹諸賊面容皆無異狀,頗為驚駭,乃與諸生共勘之,此異學會之源始。此太學生者,異學會太尉顓頊也。[咸寧二年書]89

発見経緯: 異学壱零陸とは、すなわち竹簡に記述された「夔」のことである。その外見は角のない牛の如く、足は一本のみ。色は青白く、発する声は雷のように大きい。百丈以内にその声を聴いた者はみなその場で斃れるが、死者の表情はやすらかである。竹簡の記述は「帝子丹朱遂發夔師,斬鯀于羽郊」のところで途切れており、その後の記述はない。
その約千年後8、夔は秦や趙の軍隊に編入されていたとも言われている。

巨君109が漢に代わって天下を治めていた頃、地皇二年11の秋、蜂起した賊軍は西へ侵攻し、上党・河内・河東の三郡12を攻め落とした。しかし冬になると、賊軍はすぐ大敗した。当時、ある太学生が上党郡を通りかかったところ、死んだ賊軍の兵士の顔に苦しむ表情がないことを目の当たりにし、大変驚愕した。その後、彼は学友とともにそれについて考察を始めた。これが後の異学会である。この太学生はすなわち異学会の太尉顓頊センギョクである。[咸寧二年追記]131410


正度15遣異學會趣南荒,盟其君孟█,得夔██,于時為最,未幾,劉淵叛。永熙二十年16,夔師克洛陽,竟不見史載。[上元元年書]17

皇帝・正度1811は異学会を南の荒れた辺境へ派遣し、当地を統治している孟█との同盟を結んだ結果、夔を██匹手に入れた。その時の数は最も多かった。その後、劉淵12が反乱を起こした。永熙エイキ二十年19、夔の軍勢により、劉淵の息子である劉聡13は洛陽で敗れた。しかし、この戦で夔が使用されたと史書には記載されなかった。[上元元年追記]20

咸通三年21,方士據。異學會驅夔師破之,此後遂無全師見載。
天佑五年22挾夔攻晉王於潞州,晉王親以死士數百擊之,夜克于野,晉王亦歿於陣。[顯德二年書]23


咸通三年24、方士14は江淮15を割拠した。異学会は夔の軍勢を使ってそれを破ったが、軍勢も不完全なものとなった。
天佑五年25、朱温16は夔を使役し潞州で晋王17を攻撃。晋王は自ら死士数百名を率いて迎え撃ち、夜の平野で朱温に勝つも、晋王も戦陣で死した。[顕徳二年追記]26


宋開慶元年27,太尉武曲██以所余遺賈似道,援██,未至,城破,太尉██、太尉██死節,太尉██以異學貳壹伍[判読不能],似道竊其功,事見異學貳壹伍。
洪武五年28,複得見夔██於潁川侯部中。
景泰元年29,或曰太尉武曲節庵嘗驅夔衛京師,未可考也。[景泰三年書]30


宋の開慶元年31、太尉武曲の██は残りの夔を賈似道18へ送り、██への支援とした。しかし、夔の到着よりも前に城は破られ、太尉██・太尉██は死に、太尉██は異学弐壱伍を以って[判読不能]が、賈似道に手柄を横取りされた。詳細は異学弐壱伍参照のこと。
洪武五年32、夔が潁川侯19の軍隊に編入されることが見られる。
景泰元年33、太尉武曲の節庵20が京師を守るために夔を使役したとされるが、実証はない。[景泰三年追記]34


甲午戰端啟,異學會以餘夔赴朝鮮國,“致遠”艦載之,北洋水師與倭戰於大東溝,“致遠”與夔並沒。哀嚎至於威海衛。[清國光緒二十年書]35


甲午の戦21が始まり、異学会は残りの夔を致遠艦に積ませ朝鮮へ送った。しかし、北洋水師は大和と大東溝22にて戦い、致遠艦は夔と共に沈んだ。その悲鳴は威海衛へ届いたという。[清国光緒二十年追記]36



既存ノ資料ニ拠レハ異學壹零陸ハ不死身ニシテ子ヲ産マスト推シ量ラレル
然レト惜シムラクハ現物既ニ無ク確カムル術無キ事ナリ[民國七年追記]37


贊:窮則變,變則通,通則久。久而不思變,其欲圖變也晚矣。昔蚩尤神農以兵盛獸強為勢,黃帝驅夔而盡戮二師。則夔數為歷代所驅:新莽克赤眉,漢中克蜀軍,荊、揚敗狄胡,皆以為爪牙而無不克也。于忠肅之後,西洋火器漸盛,然異學會內鮮有開眼觀地球之人,遂使武備、異學,皆遜番邦。彼倭奴彈丸之地,自其王明治維新之後,國愈強,兵愈盛,然清廷、異學會皆不通變,仍驅夔以戰之。至於黃海,未克一兵一卒而沒,哀嚎之聲不絕于威海衛將士之耳,卻作水煮牛肉矣![太尉武曲██,甲午年書]



分析: 窮地に立つと、変化が求められる。変化を起こすと、道が開かれる。道を開けると、存続が永らえる。いつまでも変化を求めずに、変化が求められる時になったところでそれを求めても既に遅い。太古の蚩尤・神農は精悍な兵士と屈強な獣を従えるも、夔を駆る黄帝に両軍もろとも屠られた。彼の時より、夔は幾度も歴代の指導者に駆られてきた。新莽が赤眉に克つも然り23、漢中にて蜀軍に克つも然り24、荊州・揚州にて狄胡を破るもまた然り25。皆はその爪と牙に勝るものはないと断じてきた。于忠肅の時以降、西洋火器が盛んになるも、異学会内には眼を開いてこの地球を観るものは居なかった。その結果、我が国の武器も、装備も、異常の知識も諸外国に劣るものとなった。彼の日の本の国も、弾丸黒子の地に居ながらにして、明治維新以後は国がますます強大に、兵もますます盛んになった。されど清の政府や異学会は変化を求めもせず、ただ夔を駆りて戦うことしか知らない。黄海の戦に至っては、敵の一人も倒せずに沈没することとなった。その悲鳴は威海衛の将校と兵士の耳に届くも、ただ水煮の肉片となって散るのみ。嗚呼![太尉武曲██、1894年]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。