中華異学会ハブ
評価: +6+x

中華異常事物現象学会へようこそ

1605yk3.jpg

格異丶治学丶融会

昔、ある賢者曰く:混沌は類を無くし、天は其の道を失った。虫には蠃鳞毛羽介1の区別が有り、書物には経史子集2の区別が有った。故に、異学会は西方の目録学を学び、竹簡の言葉を書写し、異物の形状を収録し、歴朝の奇事を記録することにした。異学の中には仙魔の魑、妖獣の魅、異物の魍、天兆の魎が有り。学会は経典に此等を録し、番号を以て類別したのち、来る時まで入庫・封存した。——民国三年、太尉巨門。


異学会は-かつては-中国最大の超自然現象研究機関でした。学会の歴史は、晋代から唐代のある時期にまで遡ります。彼らは統治者と高位の学者による、小規模の集まりから成立しました。当初の目的は、単に「竹簡」に書かれた記録に沿って、アノマリーを収容することだけでした。稀に、竹簡に記載されていないアノマリーの処理にあたることもありましたが、彼らにできる事はそこまででした。

しかし、少しずつ、好奇心が畏敬に勝っていくようになります。こうして、アノマリーの分析や応用、そして中国人が得意とする、道徳的観点からの批判などといった試みがなされました。

異学会はアノマリーが激動と太平、豊作と飢饉を招くものであると知りつつも、実験を止めませんでした。これにより、能ある者を葬り去ってしまった為、中国は蒙古の民に蹂躙され、異学会の活躍は志怪小説のネタに成り下がりました(この間、北京の約半分が壊滅しています)。異学会は次第に機密のベールに覆われていき、その後、清朝と共に埋没しました。

近代になり、科学の食指が延伸してくると、異学会の遺児達は山積みの文献を整理し、襟を正したのち、財団の門を叩いたのです。

—— Darkequation首席研究員,《中華異学会の顛末(全三巻)》,19██年,スミス・コンダー出版(Smith·Conder Publication)

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。