納涼! 財団お化け屋敷
評価: +41+x

 

2016年度 サイト-8181夏祭り企画立案書

 
企画名: 納涼! サイト-8181開かずの間巡り

趣旨: 有志職員によるお化け屋敷

概略: 多目的ガレージをパーテーションで仕切り、入場者には順路に従って巡ってもらう。各仕切り内にはお化け役に扮した職員が待機、趣向を凝らして入場者を驚かせる。また、各仕切り内にはお化け役に即した内装を施す。内装の施工には、財団フロント企業ザ・シリーキャット・ピクチャーズの協力を仰ぐ予定。
 
各仕切りの内の趣向:
 
1. 恐怖! 口裂け男の間

仕切り内は深夜の街角を再現し、ブロック塀や街灯を設置。ブロック塀の影からフルフェイスマスクを装着したエージェント・ヤマトモが姿を現し、「ワタシ、キレイ?」と入場者に呼びかける。入場者が「はい」と答えた場合の返答を待たずに、「コレデモォ~?」と言いながらマスクを外し、素顔を見せる。

2. 騒乱! ポルターガイストの間

仕切り内は子供部屋を再現し、玩具やぬいぐるみを配置。待機していた薄氷博士が、それらを飛び回らせてポルターガイスト現象を再現すると共に、壁にクレヨンで「お化けの世界にようこそ」「死ぬのも悪くないよ~」等のメッセージを記述する。なお、女性入場者の身体に触る等、薄氷博士が調子に乗りすぎた場合に備えて、nPDN装置を準備済み。

3. 戦慄! 生首陳列の間

仕切り内は倉庫を再現し、マネキンの頭部を多数配置。待機していた宇喜田博士が「ここから出たければ、私の首を返せ~」と入場者に迫る。入場者から適当なマネキンの頭部を受け取ったら「ああ、これで何も思い残すことはない~」と語り、宇喜田博士-1と分離。あまりに入場者の対応が素早い場合は、「これじゃない!」等と言ってと焦らす。

4. 怪奇! セミ女の間

仕切り内は小型生物育成室を再現し、セミを入れた虫かごを多数配置。その一つを手にした鳴蝉博士が「どう、可愛いでしょう?」と入場者に語りかけ、「私がこうして産んだんですよぉ~!」と叫びながらセミを吐き出す。この段階で怯えた様子がなければ、入場者の口内に手を入れ、セミを取り出すパフォーマンスも披露する。

5. 溶解! 粘液風呂の間

仕切り内はバスルームを再現し、浴槽やシャワーを配置。浴槽は不透明な粘液で満たし、空気注入によって気泡を発生させる。入場者の注意が浴槽に集中したところで、「バカめ、こっちだ!」と叫びながら排水口から左衛門三郎博士が飛び出す。なお、蛇口やシャワーノズルからの登場も可能とのことなので、臨機応変に対応して頂く予定。

6. 無残! 惨殺死体の間

大和博士の遺体を放置しておく。
 
 

7. 混沌! 邪神召喚の間

仕切り内はサーキック・カルトの儀式の場を再現。漆黒のローブを身に付けたエージェント・戸神が「ふははは、我は崇高なるカルキスト・イオン!」と入場者に宣言し、ボドフェル写本に掲載された儀式を再現する。生贄の少女役のさえば博士にナイフが振り下ろされる寸前で、エージェント・蒼井扮する機動部隊隊員が助けに入る。

8. ウホ! ゴリラウーマンの間

仕切り内はジャングルを再現。頭部に前原博士の顔写真を貼り付けたゴリラの着ぐるみを[以下、大量の血痕で判読不能]
 
 
補足: 受付兼お化け役との調整係は、エージェント・育良が担当。また、入場者が深刻なトラウマを負った場合に備えて、諸知博士がクラスA~Eの記憶処理の準備を整え出口に待機。

お化け役一同の士気は非常に高く、がっぽり儲かるクオリティの高い仕上がりが期待できる。実行委員会におかれては、ぜひとも本企画の承認をご検討されたし。
 

企画立案 エージェント・差前

まえはらにやられ(血文字)

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。